診療科のご案内 - 病院のご案内

診療科のご案内

診療内容

 がん診療では、単純(レントゲン)写真、X線テレビ、CT、MRI、超音波検査、ガンマカメラ、PETなどの画像診断装置が活躍しています。がんの発見、診断のほか、進行度や治療の効果を判断する、再発や予想外の病気もさがしだす役割もあり、あらゆる局面に利用されます。検査の結果は、主治医の先生が判断して説明してくれますが、放射線診断科では、得られた画像を観察して情報を拾い上げる画像診断(読影)をおこなっており、全診療科に役立つ情報の提供に努めています。また、血管内治療(塞栓術)や体内深くの組織の採取(生検)、ドレナージ、IVCフィルターの留置等 といった画像下治療(IVR)も担当しています。

 2018年秋には新病院移転(第一期工事分)により、各種画像機器が整備され、MDCT2台(256列、64列)、MRI 2台(1.5T)、PET-CT1台、ガンマカメラ1台、IVR CT/Angio装置1台などを利用しています。より精度が高く、効果的な画像検査・診療を心がけています。 地域連携室との連携にて、近隣施設からの検査受け入れも可能となっておりますので、適宜 ご相談・ご利用ください。

他院からの検査予約(PET-CT)、CT、MRIをお受けしております。

【参考画像・スナップ写真】

歯科・口腔領域CT画像

当院  頭頸部外科、歯科口腔外科、口腔腫瘍外科の診療により頭頸部領域の画像診断が増加していますが、頭頸部のCTでは歯科金属のアーチファクトの影響がしばしば問題になります。 2018年での診断装置整備ののち、一部のCT検査に 金属アーチファクト低減撮像、画像再構成を導入し、病変部への影響を縮小させた画像観察が可能になりました。(撮像できる曜日、時間帯に制限があり、ご利用希望の場合はお問い合わせください)

MRI 検査

全身コイルの利用により、体幹部全体のT2強調画像、拡散強調画像(DWIBS)を撮像し、病変の分布を観察します。PET画像に似た表示の全身MIP画像や病変部をわかりやすく表示したカラー表示(fusion)画像の作成が可能となっており、画像データの解析では病変部の半定量化をおこなうことにより治療の評価への利用も期待されます。

読影室

現在の読影室は旧病院の施設を利用しており、新病院の第2期工事にて整備・移転の予定になっています。ネットワークほか各種通信手段や、フットワークも含め、撮像現場や各診療科との情報連携をはかっています。 現在は5.5人体制で診療しています。

PET/CT検査、RI検査

いずれも最近装置が新規更新され、より最適化された画像が得られるようになっています。PETでは症例、検査目的により、造影CTの同時撮像もおこなっています。画像結果(読影)は他の装置による関連画像や過去画像との対比も含め、総合的に検討しています。

IVR/CT 血管造影室

最新の機能を備えた血管造影室にて、精度のより高いIVR手技を連日おこなえるようになっています。塞栓術のほか、皮下ポート埋め込み、ドレナージ手技や1泊入院での腫瘍組織生検も多くおこなっています。

その他

読影室内での興味ある症例についての検討や、放射線科撮像スタッフとの勉強会、他診療科を含めたカンファランス、院内キャンサーボード、大学との連携により値域内で開催される各種カンファランスへの参加や症例提供、各種学会、研究会への参加、市民向け講演会の開催を適宜おこなっています。

▲このページのトップへ

診察日

月~金曜日 [診察受付…8時30分~11時00分]

担当医師一覧表

▲このページのトップへ

医師紹介

南部 敏和(なんぶ としかず)

〔放射線診療部長〕

専門分野
放射線診断学
略歴・資格・所属学会 その他
日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医
放射線取扱主任者(第一種)
日本医学放射線学会
坂井 亙(さかい わたる)

〔放射線診断科医長〕

専門分野
放射線診断
略歴・資格・所属学会 その他
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会
日本IVR学会
緩和ケア研修受講済
木村 輔(きむら たすく)

〔放射線診断科医師〕

専門分野
放射線診断、IVR
略歴・資格・所属学会 その他
日本医学放射線学会
日本IVR学会
竹中 淳規(たけなか じゅんき)

〔レジデント〕

専門分野
放射線診断
鈴木 純(すずき じゅん)

〔レジデント〕

専門分野
放射線診断
渡邉 史郎(わたなべ しろう)

〔非常勤医師〕

専門分野
放射線科、画像診断、核医学
略歴・資格・所属学会 その他
日本医学放射線学会
日本核医学会
アジアオセアニア核医学会
日本甲状腺学会
このページのトップへ