院内がん登録について - 病院のご案内

  1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 院内がん登録について

院内がん登録について

院内がん登録

院内がん登録は、病院で診断されたり、治療されたりしたすべての患者さんのがんについての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。(国立がん研究センターホームページより)

院内がん登録は、「がん登録等の推進に関する法律」および、「都道府県がん診療連携拠点病院」の指定要件として義務づけられています。 当院では、2009年4月より院内がん登録室を設置し院内がん登録を行っております。登録作業は主治医や診療に携わった医師の協力のもと診療情報管理士が行っています。また、2016年1月より開始された「全国がん登録」も合わせて実施しております。

収集された情報は、下記の目的に利用・提供いたします。

  • 国立がん研究センターが実施する全国集計への情報提供
  • 全国がん登録事業における都道府県への情報提供
  • がん患者さんの生存率計測、生存確認調査
  • *院内での予後調査の把握が出来ない場合は、各市区町村へ住民票照会による生存確認調査を行います。生存確認調査における住民票照会は、患者様からの撤回の申し出がない限り同意していただけたものとして取り扱います。

  • 自院のがんの医療の実態把握
  • がんに関する医療活動の評価資料(統計)の作成および提供
  • 診療活動の支援、研究、教育のための資料提供

院内がん登録の趣旨をご理解の上ご協力をお願いいたします。

▲このページのトップへ

院内がん登録データ(2016年診断症例)

▲このページのトップへ

このページのトップへ